~ ムーミン谷の冬の夜空にオーロラが出現?!
音とイルミネーションが繰り広げる 「ムーミンバレーパーク」初めての冬 ~

アートとテクノロジーが融合!初めての冬を迎える「ムーミンバレーパーク」を舞台に、ムーミンの物語「ムーミン谷の冬」を楽しめる体験型イベント開催。

ムーミンの物語を追体験できる「ムーミンバレーパーク」では、夜間に、アートとテクノロジーが融合された体験型イベント『ウィンターワンダーランド イン ムーミンバレーパーク エンパワード バイ カラードットインク』を開催!会場では光や音、映像などとともにムーミンの物語のひとつ「ムーミン谷の冬」の夜をリアルな感じで体験することができます。「ムーミンバレーパーク」が迎える初めての冬、物語に入り込んだかのような幻想的な雰囲気あふれる会場で、ムーミントロールとその仲間たちと一緒に過ごしてみてはいかがでしょうか。

アートとテクノロジーが融合!初めての冬を迎える「ムーミンバレーパーク」を舞台に、ムーミンの物語「ムーミン谷の冬」を楽しめる体験型イベント開催。

「ムーミン谷の冬」とは

トーベ・ヤンソン作、世界的に今なお愛され続ける「ムーミン」の物語の中のひとつ。ムーミン谷の住人たちは11月から4月まで冬眠するのです。ある年のこと、ふいにムーミンが目覚め、それきり眠れなくなってしまいました。起こしに行っても目を覚まさないムーミンママやムーミンパパ。「世界じゅうがどこかへいっちゃったよ」と感じるムーミンが初めて見る景色は果たして!?

ムーミン谷ではいつでもみんな、11月から4月まで冬眠をするのです。
なにしろそうするのが昔からの当たり前のことだったからです。
ただ、今年だけはおこったことがない初めてのことがムーミン一家の中で起こりました。
ムーミンが目覚めて、もうそれっきり眠れなくなってしまったのです。
ムーミンはムーミンママを起こしにいきました。
「ママ、起きてよ!」
しかしママは起きてはくれません。
「世界じゅうがどこかへいっちゃったよ」
初めて見る雪の景色はとても美しく、でも簡単には生きていけそうにない世界に見えました。

(『ムーミン谷の冬』)

 

メッツァビレッジ・ムーミンバレーパーク~metsa(メッツァ)~

開催期間 2019/11/30(土) ~ 2020/03/08(日)
最寄り駅 飯能駅 / 東飯能駅
会場 ムーミンバレーパーク
時間 備考:本イベントは夜間開催
※ムーミンバレーパーク開園 10:00~20:00
料金・費用 大人(中学生以上) 1,500円、子ども(4歳以上小学生以下) 1,000円
※本イベントは「ムーミンバレーパーク」の入園料のみで楽しめる(ただし、一部有料コンテンツあり)
※いずれも税込
オフィシャル
サイト
WINTER WONDERLAND in MOOMINVALLEY PARK EMPOWERED BY CALAR.ink 公式サイト
metsa(メッツァ) 公式サイト

出典:metsa(メッツァ) 公式サイト