埼玉の宝、嵐山渓谷

遊び・観光

嵐山渓谷は、荒川水系の槻川に広がる岩畳が露出した美しい景観が魅力の場所です。埼玉県嵐山町の地名の由来ともなっていて、文字通りで京都の嵐山にも負けないくらいに美しい渓谷美が堪能できる景勝地です。荒川の最大の支流として入間川がありますが、入間川の支流には越辺川があります。越辺川の支流の都幾川の支流が槻川なのです。槻川は荒川から見れば、五次支川と呼べる存在ですが、嵐山渓谷の絶景は荒川上流部の長瀞渓谷や玉淀河原の渓谷美にも引けを取らない美しさがあります。

埼玉県の嵐山町は、木曽義仲が生誕したとされる地域でもあります。中世の時代から関東武士によって支配された地であり、菅谷館という旧跡も残っています。嵐山渓谷がある場所は、都心からも近い場所にあるため、日帰りで訪れる観光客も多くなっています。嵐山渓谷の紅葉の美しさは、埼玉県内では長瀞や秩父などと並ぶものです。槻川が長い年月をかけて岩石を侵食して独特な景観を作ったため、紅葉との調和は山水画のような見事さです。