知ってる?埼玉特産「武州和牛」

現在の埼玉県の大半の地域は、かつては武蔵国と呼ばれていました。武蔵国は武州とも呼ばれ、肥沃な土地を活用して農産物の栽培や、畜産業も盛んに行われてきました。武州和牛は、主に利根川右岸にある上里町、本庄市、深谷市などを中心とする地域で産出されます。深谷市には特に多くの牧場があります。埼玉県の深谷市は、利根川右岸の妻沼低地や、荒川北岸にある櫛引台地の広大な土地があるのが特徴で、畜産業も昔から盛んです。

武州和牛は、霜降り肉の美味しさが特に際立っています。独特な甘みがある脂身は、しつこさを感じさせない美味しさがあります。埼玉の畜産家が自信を持って育てた武州和牛は、新たな地域ブランド食品としても期待されています。エサへのこだわりは並大抵のものではありません。トウモロコシや麦などの厳選した素材を選び、牛の健康にも配慮してエサを与えているため、良質な武州和牛となります。自然豊かな埼玉が育んだだけあって、何度も食べたくなるような美味しさがあります。