テレワークを導入する企業が増え、オフィス・時間に縛られない柔軟な働き方が注目されています。
場所にとらわれない新しい働き方の「テレワーク」を活用し、移住者を集めようとする地方自治体が増えています。

この傾向は新型コロナウイルスで後押しされ、今後は都市部から地方部に移住する人々が増えていくと予想されます。

埼玉県は都心への距離も近く通勤県内でもありながら、自然に囲まれ観光や環境の良さという魅力があり、子育て世帯からシニアのセカンドライフにと、都心から移り住む層が増えています

今回はそんな埼玉県に移住する際のポイントをお話したいと思います。

埼玉暮らしの魅力

埼玉は「ほどよく田舎・ほどよく都会」。都心まで20-30分で通えるため、東京のベッドタウンとしても人気の埼玉県は、都会と田舎の良い所どりをしたような住みやすさがあるのが魅力です。

また東京に比べるとはるかに家賃が安いのが魅力。
また自然が豊かなのも魅力で、四季を楽しめるお出掛けスポットが多いのもうれしい。「川越」「長瀞のライン下り」「秩父」など観光地も豊かで、ファミリー層はのびのびと子供を遊ばせられると喜ばれています。

また、埼玉県の地盤は固く地震に強いといわれており、地震や津波などによる被害が少なく、自然災害が少ない埼玉で、安心して暮らすことができるのも魅力。

そんな埼玉ですが、買い物は都内並みの便利さがなんといっても魅力。加えて東京へのアクセスもよいのも選ばれている理由のひとつです。埼玉県は暮らしに優しく、ファミリー・一人暮らし・同棲などどんな暮らしにもぴったりの県です。

埼玉暮らしの魅力

埼玉移住:場所選びのポイント

埼玉県は昼夜間人口比率(15年調査、総務省)では88.5%と昼間の人口流出が全国1位であり、ベッドタウンとしての性質が強い県です。

東京に隣接する東南部は人口が密集し、東京から放射状に伸びた交通網に沿って首都のベッドタウンが形成されています。

埼玉県北部には近郊農業が盛んな地域もあり、ネギやホウレンソウ、ブロッコリーなど産出額が全国3位以内に入る農作物もあります。

面積に占める河川の割合が多く全国47都道府県で最大の約3.9%となっています。

埼玉県西部の秩父地域は山地や丘陵、北部には豊かな農地が広がります。
それ以外の地域は関東平野の一部を成す平地です。

埼玉移住:場所選びのポイント

埼玉県への移住

住まい

持ち家での住み替えを検討している方は、市町村の空き家バングで中古住宅を紹介してもらう他、多子世帯向けの住宅取得支援として最大50万円の補助金が出ます。
若い子育て世帯は県営住宅をサポートする制度ができましたので、世帯に合わせてサポートする体制があります。

移住支援金制度

埼玉県と県内対象地域9市町村が連携し、人口減少が進む地域への移住を促進するため、平成31年4月1日以降に対象地域に移住し、対象地域の中小企業等に就職するか、対象地域で起業した方に移住支援金を支給する制度が用意されています

移住支援金支給の対象となる県内対象地域は、秩父市、飯能市、本庄市、ときがわ町、横瀬町、皆野町、小鹿野町、東秩父村、神川町です。

(1)単身での移住の場合:60万円
(2)世帯(世帯人員が2人以上)での移住の場合:100万円

東京23区(在住者又は通勤者)から県内対象地域9市町村へ移住し、対象地域の中小企業等に就職するか、対象地域で起業した方が移住支援金の対象となります。

詳細は埼玉県サイトで確認することをおすすめします。

仕事

埼玉県移住就業マッチングサイト(働くなら埼玉!移住支援金求人サイト)などを利用するのがおすすめ。移住支援金対象求人を紹介しています。 対象企業の中には、ワークライフバランスを大切にする企業、意欲的に新事業を推し進める企業など、国や県から認証を受けている企業もたくさんあります。

移住支援金対象9市町村には、地域で育まれた歴史と文化、豊かな自然などがあり、それぞれに特色や魅力があります。 また、市町村ごとに移住者や子育て世代向けの支援施策を実施しています。