埼玉県のお土産というと何を思い浮かべますか?
実は埼玉は名産品が多く、こだわりの商品がたくさんあるんです。
今回は皆がしたしんでいる定番お見上げをピックアップしました。

埼玉土産:十万石まんじゅう

十万石まんじゅう

埼玉のお土産といったら誰しもが十万石ふくさやの「十万石まんじゅう」を選ぶでしょう。
厳選した国産つくね芋と新潟県産コシヒカリの粉を使った薯蕷(じょうよ)皮と、北海道十勝産小豆を自家炊きしたこしあんをあわせた薯蕷饅頭。
ほんのり山芋の香りがする皮と甘さ控えめのこしあんのバランスが絶妙。
ローカルCMの『うまい!うますぎる!埼玉銘菓、十万石まんじゅう』で長い間親しまれている正真正銘、埼玉の銘菓です。

[値段]5個入り¥575(税別)10個入り1,245円(税別)
[販売元]十万石ふくさや

埼玉土産:草加せんべい

草加せんべい

草加せんべいは、江戸時代、日光街道の草加宿で売り出されたのが発祥と言われているうるち米で作ったお煎餅です。
堅めでぱりっとした食感が特徴で万人受けする美味しさと地名が入っているご当地感が、お土産として親しまれています。
明治34年創業の志免屋では、厳選された国内産飯米を使い、伝統製法で草加せんべいを焼き続けている。定番のしょうゆ味の他、ざらめ、青のりなど風味も多彩。

[価格]特選堅焼き360円(6枚)
[販売元]志免屋

埼玉土産:五家寶

五家寶

熊谷市で昔から愛されている「紅葉屋」の「五家寶(ごかぼう)」。香ばしいきな粉の上品な甘さが人気のお菓子です。

もち米をサクッと軽いあられにして水あめ等で固めたおこしをきな粉の甘い生地で包み、表面にきな粉をまぶした和菓子。

埼玉県熊谷市で江戸時代に売り出されたとも言われる歴史あるお菓子で、以来熊谷銘菓として知られている。きな粉の香ばしい香りと独特の食感が「昔からの味で美味しい」「素朴な味」と、地元で親しまれています。

なんとも個性的な包装にも要注目です!熊谷に伝わる銘菓、是非ご賞味を。

[価格]12本378円(内税) 15本648円(内税)
[販売元]紅葉屋

埼玉土産:狭山茶

狭山茶

狭山茶は、静岡茶、宇治茶とともに「日本三大茶」の1つに数えられています。狭山茶の歴史は古くて、鎌倉時代までさかのぼると言われています。狭山市を中心に埼玉県西部と東京都西多摩地区で栽培されています。
狭山市は冬が特に寒いことから、厚い葉が育ち、濃厚でコクのあるお茶が栽培できる気象条件が整っています。

お茶にはカテキンやビタミンが豊富な事から、美肌効果や生活習慣病の予防などが期待できます。狭山茶は「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」と歌に詠まれるほど、味が良く、うま味が強いのが特徴です。お茶は日本人の食卓には欠かせません。

お茶をゆっくり味わうことは、何よりもかけがえのないひとときであり、心の平安を私たちに与えてくれます。狭山茶をお土産にすれば、どなたにも喜んでもらえることは間違いないでしょう。

[価格]100g 2,160円(税込)
[販売元]清風園

埼玉土産:福蔵

福蔵

北海道十勝平野産の小豆をふっくらと炊き込んだつぶ餡に、新潟県産のこがね餅を入れ、芳ばしく焼き上げた最中皮で包んだ和菓子。

販売開始から40年以上、年間350万個を売り上げるロングセラー菓子で「最中の中にもち入りで食べごたえがある」「最中のパリパリ感と餅のもちもち感が絶妙」など美味しさにこだわって作られた完成度の高さが絶賛されています。
「くらづくり最中 福蔵」は旨さに、こだわり100%北海道十勝平野で穫れた小豆をふっくらと丹念に炊き込んだ自家製の小倉餡に、
新潟県蒲原地区産のこがね餅を芳ばしく焼き上げた最上級の最中皮で自家製餡を包みました。

[価格]5個入825円(税込) 12個入2,060円(税込)
[販売元]くらづくり本舗

 

出典:
十万石ふくさや
志免屋
紅葉屋本店
くらづくり本舗