さいたまスーパーアリーナは、かつての国鉄大宮操車場の跡地を利用したさいたま新都心の中心部にある多目的ホールです。さいたまスーパーアリーナとは言っても、この場所は埼玉郡の地域ではなく、もとは武蔵国足立郡に属していました。大宮市と浦和市などが合併して新たに誕生したのがさいたま市であり、さいたま新都心とともに発展を続けています。

さいたまスーパーアリーナは、埼玉県内にある多目的ホールとして象徴的な存在です。大宮ほこすぎ橋からも、隣を通過する高崎線や京浜東北線の電車の車窓からも大きく見えます。かつては、ジョン・レノン・ミュージアムがある場所としても非常に有名でしたが、残念なことにすでに閉館となっています。さいたま新都心の中心にあり、けやき広場との景観の調和も見事なものです。有名アーティストのコンサートを何度も開いてきた実績も高く評価され、今でも全国的に有名な存在です。埼玉県を代表するコンサート会場でもありますから、県民にとっての誇りでもあります。